【ものをなくそう生活】案外なくても平気だったものー水回りー

3年前から”ゆる”ミニマリスト生活をしています。
本当の”ゆる”なので、本家の見たら怒っちゃうかも😅
なるべくものを持たない、本当に必要かを考えるクセをつけています。
意外となくても平気だったものを、手放した経緯と手放したメリット・デメリットを伝えていきたいと思います。
一人暮らしで来客がたまにしかないから成立している生活であることも申し添しておきます。

なくて平気だったもの

・炊飯器
・電子レンジ
・ゴミ箱
・複数のお掃除グッズや洗剤
・数々の食器

炊飯器

ジオパンで炊いています。
家ではめったにご飯を食べないので、白米を購入するときは2kg入です。
本当は炊き始める前に30-40分ほど水につけておかなくてはいけないのですが、
それをしている時間はないので、その工程は省いています。
自己流のアレンジですが、きもーちだけ水を多めにしてきもーちだけ長めに炊いています。
十分に美味しいご飯が食べられます。

電子レンジ

冷凍食品を食べなくなっったので、手放しました。
じゃがいも・かぼちゃに火を通すときなど、「電子レンジがあれば一瞬なのになー」と思うこと、なくはないです。
ただし、たまにしか使わないときのために電子レンジを持っておいておく必要はないと判断して手放しました。
そして、最近流行りのミールキットサービスは電子レンジがあることを前提に作られているものが多いので、
それを利用できないのもデメリットの一つですね。

ゴミ箱

僕が住んでいる家は、いつでもゴミを出せます。
一番小さいゴミ袋をそのままゴミ箱代わりにして、いっぱいになるたびに捨てに行っています。
なんだかんだで1-2日おき。この頻度であれば匂いが湧くこともまずありません。
部屋のインテリアを気にする方や、潔癖症の方には向かないかもしれませんが、僕は手放して正解だったと思っています。

数々の食器

 今持っているのは深いお皿2枚(パスタ、グラタン、おかず)
 お椀1つ汁物
これまた料理にこだわっている方や料理の見た目にもこだわっているかたには当てはまらないでしょうが、
僕は平気でした。

電子書籍をポチっちゃう癖

古本で安く手に入れて、繰り返し、どこでも読み返したいと思ったものは電子書籍で購入しています。
書評とか仕事とかで使うもの。
やっぱり電子書籍って読みにくいし、あとデジタル情報でいくらでも貯められるような気がして、ポチッちゃうんですよねー😱反省反省。
やっぱり、あるだけで認知資源がさかれるし、必要ないものはないほうが頭もスッキリします。

この記事が一人でも多くの方の生活を少しでも豊かにできたら嬉しいです。
では次の記事で😋