時短・英語・プログラミング・心理/社会😋みさた

現段階では特定のジャンル・体裁にこだわる予定はありません。固定ページに詳しく説明させていただいています。 サブログ開設!⇨https://misacharo-nikki.hatenablog.com/

【日々感じたこと・言葉の面白さ】!お好み焼きはおかずじゃない!

炭水化物好きの僕は、炭水化物✕炭水化物の食事が大好きです^^;
麺類とご飯物、パスタとパンなどなど。
身体に悪いってのは分かっているんだけどね……😅

テレビなどで頻繁に紹介されすぎてもやは常識となった「関西人は粉ものをおかずにご飯を食べる」、
はい、関西出身の僕にもあてはまります😋

================================

僕の友人は、大学の目と鼻の先にアパートを借りている。
利便性と部屋の広さの割にお買い得だったため、即決したと聞いた。
駅からも近く、地下鉄を使えば、市の中心地まで10分で行ける。
友人は最初こそ生活に満足していた。

その友人が借りている部屋には、1階にお好み焼き屋さんのテナントが入っている。
昼に開店し、深夜の閉店まで、
お好み焼き屋さんからはお好み焼きを焼く煙とともににおいがあがってき、
洗濯物に匂いがついてしまうため窓もあけられないそうだ。

匂いが付くのを避けるため、洗濯ものは営業時間が終わってから干しているという。
友人はお好み焼きのにおいそのものへも、生活に制約がかかることへも嫌悪を示していた。

そこで僕は提案してみた。
「いいじゃん。そのにおいをおかずにご飯たべたら。おかず作る手間省けるし。」
落語の鰻屋から着想を得ての提案だった。

f:id:zsdvabo1:20210604190944g:plain
こんな家があったらいいなー。ジュル😋

しかし、彼の表情がどこかおかしい。私の提案に納得していないようだ。
僕はこころの中で、「そうかそうか、彼は関東の出身だったっけ。」と考え、
とっさに「あっ、そうか、お好み焼きをおかずにするの大阪だけなんだよね。確か。」と訂正しようとしたが、

それに対して友人は笑いながら、「あれは落語の中の話。うなぎ屋の上にすんでいても、おかずは作らないと。」
二段重ねに間違いを犯した自分を猛烈に恥じた。日々の生活の中で想像力は自分の思考を解き放つ。しかし、それもほどほどに。

misacharo.hatenablog.com